青山舎から

ブルーマウンテンロッジ発、 琵琶湖水源の森から日本分水嶺への山・自然・旅レポート

DSC02306

余呉トレイルクラブ夏の例会のとどめは安蔵山、先の台風の影響で尾羽梨まで入れず田戸からの往復に。
いいペースで登り山頂でトレイル弁当を開くことができ、山上のブナ原生林ワンデリングの時間が取れました。
DSC02292

奥の谷山や下谷山などブナ原生林の山以上に大木が多く、その昔は下流の七々頭ヶ岳同様に山頂に観音堂もあっただけに味わい深いものがあります。
今はなき麓の村に守られて原生林のなかにあったということは想像を超える素晴らしさというかすごさです。
DSC02304
DSC02310
DSC02312

ブナ平手前で引き返しましたが、大人二人がかりの胴回りのものはあちこちにあって、なかには三人がかりという大木も。
麓の村の人に見守られてこの山の森はあったのです。
琵琶湖・淀川水源の森にふさわしい山との出会いはトレイルクラブ以前ですが、度重なる豪雪やダム計画で離村が決まり観音堂も解体された直後でした。
時代はめぐり豊かになったものの無味乾燥とした世相ですが、山に登ることでこうした心温まる歴史を次の世代の人にも伝えてゆきたいものです。
ブナ原生林のこの山に登るたびに登山の素晴らしさを感じます。
DSC02326
DSC02329
▲余呉トレイルマップ2017

 
DSC02330
山と自然研究会青山舎・代表檀上俊雄
山・自然・旅トレイルアドバイザー・日本旅のペンクラブ会員 bluemountainlodge1981@gmail.com
[最近の取材執筆制作] 白山書房『山の本2016冬号』秘境の山旅特集「岸田川源流扇ノ山への山旅」/ヤマケイ『関西ハイキング2017』いざ雪の山へ「チセロ山」地図読みを学んで安心登山「イチゴ谷山」/白山書房『山の本2016秋号』「白倉岳」/ナカニシヤ出版『京都府山岳総覧』北山の分水嶺、丹後半島高山・高尾山・柳平/余呉トレイルクラブブログ・北山分水嶺クラブブログ・青山つばさ登山会8ブログレポート
[せいざん例会案内] 
青山舎がプロデュ―スするもので、どなたでも参加できます。申し込みは上記メールへ。☆ヒルウォーク、☆☆マウンテンウォーク、☆☆☆マウンテントライアル
10月1日(日)北山分水嶺クラブ峰床山区間☆☆地下鉄京都国際会館駅8:00集合@チセロ山から寺谷峠までの分水嶺歩きのハイライトコースです。
10月7日(土)青山ウォーク童仙房Ⅲ三国境から野殿山へ☆大津駅8:00集合@三国境は伊賀、近江、山城の境で展望雄大で快適な森歩きが楽しめます。信楽多羅尾から広域基幹林道へ。
10月8日(日)余呉トレイルクラブ例会中央分水嶺庄野嶺区間☆ウッディパル余呉9:15集合@庄野嶺越古道から河内山、塩買い道網谷峠を経てピーク718への味わい深いブナ林コースです。
10月14日(土)よみうりロハスウォーキングけいはんなへの道②近鉄伏見駅から伏見巨椋池を経て小倉駅へ☆京都駅ぱるる前9:00集合@近鉄、京阪、JRを使って京都奈良大阪三府県境をめざしてつないで歩きます。
10月28日(土)29日(日)青山つばさ恵那山☆☆和邇駅8:00集合@富士見台ソロテント泊で神坂峠から恵那山アタック、皆さんもチャレンジしてみませんか。ソロテントレンタルあり。
青山特別例会/ソロテント屋久島を企画しています。11月21日(火)から24日(金)の3泊4日、淀川小屋、新高塚小屋、湯泊平内民宿泊、黒味岳、宮之浦岳、永田岳、縄文杉登山プラス島一周観光付きのスペシャルプラン。宮之浦湊・屋久島空港集合解散です。詳細はお問合せ下さい。
[青山舎の自然と暮らす本] 芦生の森を歩く(草川啓三@2160売切)/芦生の森案内(草川啓三@1620普及版@1080売切)/芦生の森に会いに行く(草川啓三@1620売切)/近江の峠(草川啓三@1944売切)/湖畔-琵琶湖の楽しみ方(高野弘・青山舎@1944売切)/山で花と出会う(草川啓三@1728)/巨樹の誘惑(草川啓三@1944売切)/湖の山道(新刊、草川啓三@1728)/余呉トレイルマップ(余呉トレイルクラブ檀上俊雄@800ウッディパル余呉)/北山分水嶺を歩く地図(北山分水嶺クラブ檀上俊雄@800山村都市交流の森)]*新刊/雪山を愉しむ(草川啓三・ナカニシヤ@1944)/水のしらべ琵琶湖のうた(福山聖子・ナカニシヤ@1728)/森の巨人たち(草川啓三・ナカニシヤ2017.8@1944)
 

DSC02261

北山分水嶺周辺の山歩きの極め付きということでわいわいと歩かせてもらいました。
間近に武奈ヶ岳を望む鎌倉山は駆け出しの頃落ち込んだ時に再起を誓った山であり、個人的にもこだわりの山です。
DSC02240
DSC02245
DSC02247DSC02248

オグロ谷からダイレクト尾根で鎌倉山へ登り、ピーク950、940とめぐり江賀谷左岸尾根を下るという昔では考えられないルートであり、何度スルーをしても感慨深いものがあります。
朝までの雨で急斜面は滑りやすく鎌倉山横断ルートは断念し皆子山を望みながら尾根伝いに歩きましたので下山予定時間を楽々クリアーし、江賀谷口から坊村まで荒れた少年自然の家歩道のおまけ付きです。
DSC02252DSC02253
DSC02254DSC02266


分水嶺ウォーカーズは健脚ぞろいとなってきて頼もしいかぎりで、次の機会に鎌倉谷源流横断にチャレンジしてもらいたいものです。
隆起準平原が北山で最も残る一方で東側は花折断層の急斜面ということで、ダイナミックな北山が楽しめるスルーコースはいいものです。
DSC02274
▲北山分水嶺マップ2017

DSC02330
山と自然研究会青山舎・代表檀上俊雄
山・自然・旅トレイルアドバイザー・日本旅のペンクラブ会員 bluemountainlodge1981@gmail.com
[最近の取材執筆制作] 白山書房『山の本2016冬号』秘境の山旅特集「岸田川源流扇ノ山への山旅」/ヤマケイ『関西ハイキング2017』いざ雪の山へ「チセロ山」地図読みを学んで安心登山「イチゴ谷山」/白山書房『山の本2016秋号』「白倉岳」/ナカニシヤ出版『京都府山岳総覧』北山の分水嶺、丹後半島高山・高尾山・柳平/余呉トレイルクラブブログ・北山分水嶺クラブブログ・青山つばさ登山会8ブログレポート
[せいざん例会案内] 
青山舎がプロデュ―スするもので、どなたでも参加できます。申し込みは上記メールへ。☆ヒルウォーク、☆☆マウンテンウォーク、☆☆☆マウンテントライアル
10月1日(日)北山分水嶺クラブ峰床山区間☆☆地下鉄京都国際会館駅8:00集合@チセロ山から寺谷峠までの分水嶺歩きのハイライトコースです。
10月7日(土)青山ウォーク童仙房Ⅲ三国境から野殿山へ☆大津駅8:00集合@三国境は伊賀、近江、山城の境で展望雄大で快適な森歩きが楽しめます。信楽多羅尾から広域基幹林道へ。
10月8日(日)余呉トレイルクラブ例会中央分水嶺庄野嶺区間☆ウッディパル余呉9:15集合@庄野嶺越古道から河内山、塩買い道網谷峠を経てピーク718への味わい深いブナ林コースです。
10月14日(土)よみうりロハスウォーキングけいはんなへの道②近鉄伏見駅から伏見巨椋池を経て小倉駅へ☆京都駅ぱるる前9:00集合@近鉄、京阪、JRを使って京都奈良大阪三府県境をめざしてつないで歩きます。
10月28日(土)29日(日)青山つばさ恵那山☆☆和邇駅8:00集合@富士見台ソロテント泊で神坂峠から恵那山アタック、皆さんもチャレンジしてみませんか。ソロテントレンタルあり。
青山特別例会/ソロテント屋久島を企画しています。11月21日(火)から24日(金)の3泊4日、淀川小屋、新高塚小屋、湯泊平内民宿泊、黒味岳、宮之浦岳、永田岳、縄文杉登山プラス島一周観光付きのスペシャルプラン。宮之浦湊・屋久島空港集合解散です。詳細はお問合せ下さい。
[青山舎の自然と暮らす本] 芦生の森を歩く(草川啓三@2160売切)/芦生の森案内(草川啓三@1620普及版@1080売切)/芦生の森に会いに行く(草川啓三@1620売切)/近江の峠(草川啓三@1944売切)/湖畔-琵琶湖の楽しみ方(高野弘・青山舎@1944売切)/山で花と出会う(草川啓三@1728)/巨樹の誘惑(草川啓三@1944売切)/湖の山道(新刊、草川啓三@1728)/余呉トレイルマップ(余呉トレイルクラブ檀上俊雄@800ウッディパル余呉)/北山分水嶺を歩く地図(北山分水嶺クラブ檀上俊雄@800山村都市交流の森)]*新刊/雪山を愉しむ(草川啓三・ナカニシヤ@1944)/水のしらべ琵琶湖のうた(福山聖子・ナカニシヤ@1728)/森の巨人たち(草川啓三・ナカニシヤ2017.8@1944)
 

DSC_0002
「秋分にもなると和邇北浜からの比良も湖面も、いつになく爽やかでいいものです。珍しくデブラッシ号でのんびり走ります。いつものマウンテンバイクにしろ年代ものになっていますが、道具は手入れしているといつまでも相手をしてくれて何よりです。この間は家のあちこちにあった山の本やこどもの本をスペースを作って収容し本小屋の雰囲気になってきましたが、片隅ながら自転車スペースもなんとか維持です。ブルーマウンテンロッジ超満員状態ですが、この中に眠るものも含めせいぜいリサイクルしながら新たなステージを開きたいと願っているところです。」

DSC02220

余呉の中央分水嶺トレイルを歩いていると西におおらかな稜線をのばす野坂岳があります。
眼下の敦賀の街や港をあわせて絵のようです。
ヤマケイ関西登山地図帳などで書かせてもらったこともあり、古くから気になる山でちょくちょく登る山です。
DSC02175
▲ダイレクト尾根は左手前
一等三角点山頂からのパノラマは敦賀湾日本海はあたりまえとして、乗鞍岳と三国山の間に琵琶湖を望むことができることから湖畔に住むものにとって居心地がいいものです。
西に若狭から湖西、東に余呉から越前の山々も雄大で圧巻ですが、身近に感じられて心が和みます。
その一方で北海道へのフェリーが船出する北に広がる海は、しっかりと旅心をくすぐってくれます。
DSC02186
DSC02191
DSC02198

今日はその青山へ山集落からダイレクト尾根から登ってみました。
いこいの森からの登山道、山集落からの送電線巡視路ルートもいいのですがまわり道をしながら登っているようで、もっとストレートに登ったほうがこの山の醍醐味が味わえるのではないかと思い続けてきたからです。
DSC02214
DSC02217
DSC02212
DSC02216

下半分は予想通り境界切り開きがけものみちとなっていて傾斜も緩く歩きやすいので楽勝かと思いきや、急傾斜となる上半分は尾根上は猛烈な藪でその脇のブナ林を巻きながら登り最後は藪をかき分けてということで久しぶりにタフな山登りとなりましたが、お気に入りの岩や山頂に立った気分は爽快そのものでした。
下りは送電線巡視路尾根を登った尾根を眺めながら、山頂で知り合った山を始めたばかりの地元の若い人とのんびりと下りました。
DSC02231
DSC02230
DSC02236

 
DSC01896
 山と自然研究会青山舎・代表檀上俊雄
山・自然・旅トレイルアドバイザー・日本旅のペンクラブ会員 bluemountainlodge1981@gmail.com
[最近の取材執筆制作] 白山書房『山の本2016冬号』秘境の山旅特集「岸田川源流扇ノ山への山旅」/ヤマケイ『関西ハイキング2017』いざ雪の山へ「チセロ山」地図読みを学んで安心登山「イチゴ谷山」/白山書房『山の本2016秋号』「白倉岳」/ナカニシヤ出版『京都府山岳総覧』北山の分水嶺、丹後半島高山・高尾山・柳平/余呉トレイルクラブブログ・北山分水嶺クラブブログ・青山つばさ登山会8ブログレポート
[せいざん例会案内] 
青山舎がプロデュ―スするもので、どなたでも参加できます。申し込みは上記メールへ。☆ヒルウォーク、☆☆マウンテンウォーク、☆☆☆マウンテントライアル
9月23日(土祝)北山分水嶺クラブ鎌倉山ピーク950スルー☆☆☆地下鉄京都国際会館駅8:00集合@オグロ谷から鎌倉谷源流を横断し江賀谷左岸尾根を下る夢のスルーコースです。
9月24日(日)余呉トレイルクラブ例会安蔵山☆☆☆ウッディパル余呉9:15集合@淀川水源のブナ原生林の山へ尾羽梨から登り田戸へ下る予定でしたが、台風で土砂崩れ、田戸から往復に変更です。その分原生林ワンデリングをスペシャルで楽しみたいと考えています。
10月7日(土)青山ウォーク童仙房Ⅲ三国境から野殿山へ☆大津駅8:00集合@三国境は伊賀、近江、山城の境で展望雄大で快適な森歩きが楽しめます。信楽多羅尾から広域基幹林道へ。
10月14日(土)よみうりロハスウォーキングけいはんなへの道②近鉄伏見駅から伏見巨椋池を経て小倉駅へ☆京都駅ぱるる前9:00集合@近鉄、京阪、JRを使って京都奈良大阪三府県境をめざしてつないで歩きます。
10月28日(土)29日(日)青山つばさ恵那山☆☆和邇駅8:00集合@富士見台ソロテント泊で神坂峠から恵那山アタック、皆さんもチャレンジしてみませんか。ソロテントレンタルあり。
青山特別例会/ソロテント屋久島を企画しています。11月21日(火)から24日(金)の3泊4日、淀川小屋、新高塚小屋、湯泊平内民宿泊、黒味岳、宮之浦岳、永田岳、縄文杉登山プラス島一周観光付きのスペシャルプラン。宮之浦湊・屋久島空港集合解散です。詳細はお問合せ下さい。
[青山舎の自然と暮らす本] 芦生の森を歩く(草川啓三@2160売切)/芦生の森案内(草川啓三@1620普及版@1080売切)/芦生の森に会いに行く(草川啓三@1620売切)/近江の峠(草川啓三@1944売切)/湖畔-琵琶湖の楽しみ方(高野弘・青山舎@1944売切)/山で花と出会う(草川啓三@1728)/巨樹の誘惑(草川啓三@1944売切)/湖の山道(新刊、草川啓三@1728)/余呉トレイルマップ(余呉トレイルクラブ檀上俊雄@800ウッディパル余呉)/北山分水嶺を歩く地図(北山分水嶺クラブ檀上俊雄@800山村都市交流の森)]*新刊/雪山を愉しむ(草川啓三・ナカニシヤ@1944)/水のしらべ琵琶湖のうた(福山聖子・ナカニシヤ@1728)/森の巨人たち(草川啓三・ナカニシヤ2017.8@1944)
 

DSC02211
「人気の山もさすがに平日は静かです。好天の下でひと仕事を終え、一等三角点脇に腰を下ろし貸し切りで山頂の憩いを楽しむというのは何とも贅沢な話です。5月連休の槍ヶ岳山頂で味を占めて、ひそかな楽しみとなりました。これを実現しようとするとひとりで山に登ることになりますが、単独行こそが登山の神髄。多くの山の本でゆるぎない存在といえば加藤文太郎自身が書いた『単独行』に尽きますが、これができてはじめて安全な登山や、パーティを組んでひとりではできないレベルの登山を楽しむことができます。さらに道なき山に登りたいと思えば師でありライバルは昔は山に生きた人たち、今は山のいきものということになり、その足跡を追うなかで安全な登山の領域を教えてくれる彼らこそが山の友という気分になってきます。こうなってくると山頂の憩いは格別なものになるのです。」

↑このページのトップヘ